読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事考課に思う

どうも、さうらぼです。

 

12月も3分の1が終わっちゃいましたよ。

 

おっかないですね。

早い!

 

毎日があっという間に過ぎて行くよ!

2015年ももう終わりだあ!!

 

今年1年振り返ってどうですかね。

なんか、歳だけくってる感がハンパ無い。

 

 

会社によっては人事考課が視野に入る時期でもあるのかな。

 

今日は人事考課について思ってることを書いてみます。

 

人事考課、評価される人、されない人がいると思います。

 

目標達成したのに、評価されないのは腹立ちますよね。

 

 

さうらぼの持論ですが

 

 

人事考課でおかしいと思ったら、上司話して良いと思う。

 

「なんで自分の評価はこれなんですか?」って。

それを説明するのも上司の責任だと思うから。

 

ただですね、ここが重要なんだけど、納得いくまで話したら、御礼と謝罪は伝えるべきだと思います。上司だって人間だもの。そこはちゃんとしよう。

 

そして、話を聞いてくれた上司には感謝。

だって、あなたのことを考えてくれてるってことだから。

 

話しおわったらそこで全部忘れましょう。

次の目標に向けてまた進もう!

 

まあ、上司に自分の評価の事を真顔で詰め寄れる人は相当やってきたことに自信がある人だから、上も評価してくれてると思いますけどね。

 

言えないなら、ただの愚痴なんだと思いますよ。

 

なんか説教臭い。

お前何様だよって感じだな(笑)

 

今日はこの辺で。

さうらぼでした。